​創部100周年記念行事

  国泰寺高校サッカー部は,大正元年,東京高師で蹴球部役員として活躍されていた松本寛次氏が,広島県中学校に新任教師として赴任されたことをきっかけに創部されました。
 
松本氏は,本校で熱心に蹴球を指導され,翌大正2年(1912年)に校友会から予算を与えられ,正式に蹴球部として発足しました。(広島一中・国泰寺高百年史より)  その本校サッカー部は,平成23年4月に百周年を迎えた。
100周年事業では明治44年から100年間の記録が盛り込まれた
『 鯉城蹴球団百年誌 』が制作されました。
​制作に携わったOBの方々に感謝致します。