ご挨拶

 

国泰寺高校サッカー部は、大正元年東京高師で蹴球部役員として活躍されていた松本寛次氏が、広島県中学校に新任教師として赴任されたことをきっかけに創部されました。松本氏の熱心な指導の下、翌大正2年(1912年)に校友会から予算を与えられ、正式に蹴球部として発足しました。(広島一中・国泰寺高百年史より)

これまで広島県立広島中学校、広島県立広島第一中学校、広島県立鯉城高等学校、広島県広島国泰寺高等学校と変遷しましたが、環境は変わっても脈々と精神は受け継がれ、全国大会優勝3回の輝かしい成績を残しています。

 

現在OBは約1,150名が在籍しており全国各地で活躍されています。皆さん「H.F」のユニフォームに誇りと愛着を持ち、当時の仲間や経験が自分自身の大きな財産になっています。また現役メンバーの活躍を心から祈っていることと思います。

 

これからも鯉城蹴球団は、OB同士の交流促進と、現役メンバーの応援、そして関係の深い他団体との交歓をテーマとして活動します。年間行事に多くのOBの皆さんがご参加いただき活発な活動ができるよう努めてまいります。どうか皆さんのご支援・ご協力をお願いいたします。

最後になりますがOBの皆さん、ならびにご家族の皆様のご健勝、そして現役チームの活躍を心よりお祈り申し上げます。

​            

             鯉城蹴球団 会長 根石紀雄(昭和55年卒)